マイナーな鼻フック・鼻責め作品まで完全網羅!500タイトル以上を掲載中!

トップページ



女子校生乳首改造計画 SM教師の浣腸乳虐試験

画像を拡大して鼻フック顔を確認できます。

単品ブロードバンドで購入
DVD通信販売





巨乳ナース堕ちる アナル残酷物語

画像を拡大して鼻フック顔を確認できます。

無料サンプルあり

単品ブロードバンドで購入
DVD通信販売


今回の特別レビューはシネマジックのマイナーな作品を2本まとめて紹介いたします。


↓↓↓↓↓↓

(長くなりますので、読むのがメンドクサイと思われた方は黄色い字と赤色の字だけでも読めば雰囲気は伝わると思います。)




巨乳ナース堕ちる アナル残酷物語

画像を拡大して鼻フック顔を確認できます。

無料サンプルあり

単品ブロードバンドで購入
DVD通信販売


先月人気のあった作品です。

女の子が2人同時に鼻フックをされ、お互いの乳首や鼻を舐めあうところは今までにもよくあったものですね。

その都度、撮影している監督は違うようなのに、なぜか何度も出てきたシチュエーションです。

今までの人気作であれば、W浣腸ポンプ責め3 大量精子浣腸篇なんかが典型ですね。

とはいえ、この作品はかなり強く鼻を吊りあげられてしまっています。

とくに「若林ひかる」がシャンデリアみたいな鼻フックを着用されるときには、鼻の上側にシワが寄るほどキツク吊られてしまっています。

アングルも良く、正面真横といろいろカメラ位置を変えてくれているのが良いです。


また巨乳をしぼるように緊縛しているのもエロくて良かったです。

動けない状態にされて、この巨乳の乳首を何度もつねられるのは見ていて興奮ものでした。




もう1人の「松野るか」はあまり恥ずかしがっている雰囲気が出ていないのが残念。

しかしこの子も変な器具で3方鼻フックをされます。コチラは拡げられすぎて鼻がつぶれ気味になってしまっています。

少し横に拡げるフックが大きくて邪魔な気がします。



少し責めが単調・あるいはゆっくりまったり過ぎる気がしますが、ひどく吊られた鼻・つぶれてしまった鼻を堪能できる作品ではあります。






巨乳ナース堕ちる アナル残酷物語

画像を拡大して鼻フック顔を確認できます。

無料サンプルあり

単品ブロードバンドで購入
DVD通信販売






女子校生乳首改造計画 SM教師の浣腸乳虐試験

画像を拡大して鼻フック顔を確認できます。

単品ブロードバンドで購入
DVD通信販売


なぜこの作品をレビューする気になったのかというと、それは女の子の表情が良さそうだったからです。

まさにパッケージの雰囲気そのままです。

なんというか、されるがままなのが良いです。

感じてくると頬が薄い赤色に染まるのがS心をくすぐられます。


けっしてスタイル良くはないのですが、胸が大きく、たわわな乳房の揺れ具合がたまりません。

オイルを体に塗って胸を揉まれまくるところは柔らかそうなのでうらやましい。

下からのアングルは特によく乳房の良さを堪能できるでしょう。



さて鼻フックですが、スクール水着(?)を着た状態でされています。

残念ながら鼻毛は見えません。あまりカメラが近付いてくれませんでした。

やはり鼻フックをしたまま頬を赤く染めるのが良いですね。

鼻フックをしていてもキュートな顔です。鼻を吊りあげられたことによって口が閉じ切らないのがまたエロい。

そして横にも鼻を拡げます。


これはむしろ横に引っ張る力のほうが強かったのか、鼻がつぶれ気味になってしまっています。

頬にまでフックが食い込んでいます。

鼻のつぶれた彼女の顔はかなりブサイクなことになってしまいます。


その状態でディルド騎乗位オナニーをしますが、これはあまり腰の動きが激しくなかったのが残念でした。


全体としても、この動画はあまり激しい内容ではありません。

正直なところ、女の子が好みかどうかで観る観ないがはっきり分かれるでしょう。

女の子が好みなら観ても良いのではないでしょうか?




女子校生乳首改造計画 SM教師の浣腸乳虐試験

画像を拡大して鼻フック顔を確認できます。

単品ブロードバンドで購入
DVD通信販売



スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/06/15(金) 11:32 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nosehookflash.blog117.fc2.com/tb.php/915-ec9a8cb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック